Browsed by
作者別: 管理者

会社を選ぶポイント

会社を選ぶポイント

ロゴ作成には、かなりの制約がありますので時間もかかりますし、デザイナーでもない人が作ったロゴが企業のコーポレートアイデンティティや創業時の理念などをうまく練りこむことができるかといえばとても難しいことです。そういった要素を満たし、長く愛されるロゴを作ることができるのが、ロゴ作成会社を利用するメリットの一つです。

封筒ロゴ作成会社を選ぶポイントとしては、ロゴだけを作成するのではなく、名刺や封筒、パンフレットなどのデザインもできるような会社を使うとあとから楽です。これらの作成業者を新たに探す手間が省けるからです。たいていの場合はロゴのお披露目とともに、名刺や封筒、パンフレットなども刷新する必要があるからです。

次に、デザイナーとコミュニケーションがしっかりと取ることができる会社です。企業のロゴは一度作ってしまうとなかなか変えることができません。そのため、こちらからの要望や不明点などを説明して、そこからしっかりと修正対応をしてくれる業者を選ぶことが必要です。

心配であれば、複数のデザイナーがデザインするような会社を選ぶということも一つの方法です。また、商標調査などのオプションがついていると使用する際に安心です。

ロゴ作成会社の費用

ロゴ作成会社の費用

会社のロゴは、その会社を示すために大変重要なものであり、20年30年と使われることも想定されることから、プロに頼んでしっかりと決めることがよいでしょう。もちろん、プロの作成会社を使うわけですから、費用もかなり掛かります。

お金一般的に有名な会社のロゴというのは、何千万円もかかっている場合があります。ですが、現在ではロゴ制作会社を利用すると、デザインを作るだけならばさほど費用は掛かりません。1種類のロゴですと、安い会社であれば、10000円程度からできる所もあります。

ですが、たいていの場合は、ロゴマークとロゴタイプ、文字部分のフォントなどをセットで作りますので、7万円~10万円程度かかります。提案は無料で行ってくれるところもありますがそこから修正5回を含んで8万円などと言うプランが多いです

ほかにもデザイナーが複数いたり、納得するまで修正をするプラン、和文だけでなく英文も対応するような何パターンかすると15万円程度かかります。ロゴを制作するだけでなく、商標調査をしたり、仕様書をつけたり、著作権譲渡などを要件とすると、弁理士の仕事になることもあり、50万円からそれ以上のオプションが付く場合もあります。ですが、使用する際にはこういった調査をすると安心です。